【SSF】S級SF作品を探して

ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞受賞作品の詳細なあらすじ、作品中の名言、管理人の感想などを書いていくブログです。

MENU

【あらすじ】『高い城の男』フィリップ・K・ディック【ヒューゴー賞 1963年】

フィリップ・K・ディックの1963ヒューゴー賞受賞作『高い城の男』のあらすじです。

 

!!ネタバレにご注意ください!!

 

 

作品世界

この作品で描かれる世界は、第二次世界大戦に日本とドイツが勝利した世界である。

 

アメリ東海岸

アメリ東海岸ドイツ帝国支配下となっている。ソ連とアフリカもドイツ帝国の版図となっている。ドイツ帝国によってアフリカでは莫大な数の黒人が組織的に虐殺され続けている。ドイツ帝国の科学力は全ての領域において世界最高水準である。ドイツは水爆を持つ世界で唯一の国である。ドイツはロケットで火星や金星にまで活動領域を拡大しつつある。ドイツからアメリカ西海岸への旅行は、ロケット船でわずか45分である。アメリ東海岸では、ユダヤ人は迫害されており、見つかればドイツの収容所に送られる可能性が高い。

 

地中海

地中海は原子力を使って封じ込められ、排水され、耕作のできる畑地に変えられている。

 

アメリカ西海岸

アメリカ西海岸は「太平洋岸連邦」の一角として日本の支配下にある。サクラメントの傀儡白人政府が治めている。南アメリカも日本の支配圏である。日本は科学力・技術力はドイツに及ばない。商工業に熱心で、現在はブラジルの経済開発に余念が無い。日本人はアメリカ西海岸の支配者層として君臨してはいるが、礼儀正しく丁重で法律を遵守する人々で、清廉潔白であり、アメリカ西海岸においても決して不正を許さない。ユダヤ人も西海岸では迫害されることは無い。

 

黄色人種支配に対するアメリカ人の感情

西海岸のアメリカ人の多くは黄色人種の支配に心の底では不満を感じているが、ソ連戦勝国になった世界よりははるかにマシだと考えており、アメリカ西海岸での二級市民の地位に甘んじている。アメリカ人の中には積極的に日本人に仕える者も多く、それらの白人は「ピノック(拝日派)」と呼ばれている。もちろん褒め言葉ではない。

 

易経』の普及

日本人は『易経』に絶対の信頼を置いており、決断が必要な時は常にどんな時でも、筮竹(ぜいちく)で占いを行い、その結果について『易経』に答えと導きを求める。『易経』は日本人が西海岸に持ち込んで広めた。『易経』は非常に信頼できるため、アメリカ人たちにもこれを頻繁に使用する者が多い。

 

ベストセラー『イナゴ身重たく横たわる』

昨今話題になっている大ベストセラーがある。『イナゴ身重たく横たわる』という小説である。これは第二次世界大戦戦勝国アメリアとイギリスを中心とする連合国であった、という世界を描いた小説である。この小説はドイツ帝国の支配する東海岸では発禁になっているが、西海岸では普通に店頭で買い求めて読むことができる。この小説の中描かれる世界は、アメリカとイギリスの二大国が覇権を競う世界である。中国は親米の蒋介石率いる国民党の統治下にある。彼らはアメリカ製品を喉から手が出るほど欲しがるため、全米の工場はその需要に応えるためフル稼働である。ありとあらゆる種類のアメリカの工業製品、薬品、機械が中国の隅々にまで浸透していく。この傾向は敗戦国日本でも同じであり、彼らもまたアメリカ製品を渇望し買い続けるのである。このアジアでの需要により、アメリカの経済は絶好調である。彼らはイギリス製品には大して興味を示さない。

 

アメリカのレトロ品を珍重する日本人

西海岸の日本人の間では、なぜかアメリカのレトロ品が珍重され、高値で取引されている。例えば1938年型ミッキーマウス・ウォッチなどは世界でも数個しか残っておらず、日本人には極めて貴重なものとして珍重されている。日本人以外にはこれらのアメリカン・レトロの価値が全く理解できないのだが、儲かるためこれを商いとしている者は多い。

 

骨董品店店主チルダ

アメリカ美術工芸品紹介を経営するチルダンも、アメリカの骨董品の高級店を経営する骨董商だ。彼もまたこんな物が日本人に高値で売れるとは、と思いつつも、早くからそのことに気づいて骨董品の取り扱いを始め、成功した人物である。彼は日本人エリートを顧客として彼らに取り入って商売をしている。しかし彼はある日、ある問屋から店に降ろされている骨董品の一部は、実は極めて精巧に造られた、しかも組織的に意図的に密造された模造品であることを知り、自分の行なっている商売に対して大きな動揺を覚える。

 

職人フランク

チルダンの店に卸す模造品の密売工場で働いていたフランクは、ユダヤ人であるが偽名を使ってその事実を隠して生きている。彼の働く模造品密売工場こそ、精巧な模造品をチルダンの店に卸していたのだった。フランクはクビになったことを契機に、相棒エドと一緒にオリジナルの銀装飾品製造を始める。チルダンに模造品のことを密告したのは、フランクであった。フランクの相棒エドは完成したオリジナル品をチルダンの店に持ち込む。チルダンは興味を示し、店の一角で製品の取り扱いを始める。

アメリカ人の誇りを取り戻し始めるチルダ

チルダンは当初このオリジナル品に敬意を示していなかったのだが、上得意客の梶浦に贈り物として進呈する。しかし梶浦は、これには美術品としては何の価値も見出せないとしてこのオリジナル品をチルダんに返す。梶浦は、大量生産してアジア向けの安いお守りとして売り出せば売れるだろうと言い、知人の貿易商の連絡先を紹介しようと言う。チルダンはプライドを傷つけられる。このことがきっかけでチルダンは人が変わったようになり、このオリジナル品の販売に真剣に取り組むようになる。梶浦に否定されて初めて、チルダンはこのオリジナル品には何かアメリカの希望の光のようなものが秘められていることに気づいたのである。チルダンはこのことをはっきりとは自覚していない。

 

ナチスの「タンポポ計画」

日本人高級官僚田上は、チルダンの上得意客である。彼はドイツから彼を訪問してきたドイツ国防軍情報部の将校バイデンから、「タンポポ計画」について知らされる。ドイツはアメリカ中西部で事変を捏造し、それをきっかけに日本が支配する西海岸に侵攻するが、実はそれらは陽動作戦にすぎず、最終的に裏をかいて日本列島に核攻撃を行なって、世界の覇権を握ろうという計画を立てているのである。タンポポ計画にはドイツ本国でも対立があり、国防軍は支持、悪名高いSSは反対なのだという。バイデンは日本にドイツ本国の政局への干渉を行い、SSを支持しその勢力を強めることがタンポポ計画阻止への道だと説く。田上は日本列島を救うためには残虐で知られるSSを支持しなければならないという事に、人間として絶望感をおぼえる。

 

暗殺者と田上の死闘

ドイツはバイデンを拉致するため、田上のオフィスに白昼堂々暗殺集団を送り込む。攻撃を受けたロビーから連絡を受けた田上は、拳銃を構えて待ち構える。バイデンと密会するオフィスに雪崩れ込んできた暗殺者たちは、田上のリボルバーの見事なファニング連射で倒される。このリボルバーチルダンから買った西部開拓時代の骨董品、コルト44口径なのであった。

 

パラレル・ワールドを垣間見る田上

事件後、田上はチルダンの店舗を訪れる。田上はチルダンからあのオリジナルの銀装飾品の鑑賞を依頼され、これを預かって店をでる。この銀装飾品を観察していた田上は、短時間ではあったが、『イナゴの身重たく横たわる』で描かれていたアメリカが第二次世界大戦に勝利した世界(パラレル・ワールド)に引き摺り込まれて衝撃を受ける。

 

暗殺者ジョーとジュリアナの戦い

フリンクの元妻ジュリアナは、ひょんなことから知り合い関係を持った、どこか危険な予感のする謎の男、自称イタリア人のジョーと、デンバーに向かってドライブを続けていた。『イナゴの身重たく横たわる』の著者アベンゼンを訪問し、語らい、サインをもらおうという計画だ。ジュリアナは『イナゴの身重たく横たわる』を車中で初めて読んだのだが、ジュリアナは小説の内容にすっかり心服する。デンバーに到着してホテルにチェックインしたジュリアナは、ジョーの様子が緊張からどんどんおかしくなっていく事に驚く。ジョーは自分は本当はドイツのSS隊員でアベンゼンの暗殺を計画している事、アベンゼンを油断させ邸に招き入れさせるためにはアベンゼン好みの女ジュリアナを連れて行く必要があることを話す。ジュリアナはパニックを起こしてシャワーに駆け込むが、ジュリアナを連れ出そうとやってきたジョーに、シャワールームにあったカミソリの替刃で応戦し、ジョーの頚動脈を切断して逃亡する。

 

『イナゴの身重たく横たわる』の世界は実在する

ジュリアナは一人でアベンゼン邸を訪問する。ジュリアナは、アベンゼンは暗殺者に命を狙われていること、その最初の一人は自分が倒したことを告げる。ジュリアナはアベンゼンに作品をどのようにして執筆したのかを尋ねる。はぐらかすアベンゼンであったが、ジュリアナに追求されて遂にアベンゼンは、作品は『易経』に導かれて書いたことを認める。ジュリアナは『易経』がこの作品を書いたのだと述べ、この作品の中の世界(パラレルワールド)が真実であると告げてアベンゼン邸を去る。

 

↓押してください。
 
にほんブログ村 本ブログへ

それではまた…。