【SSF】S級SF作品を探して

ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞受賞作品の詳細なあらすじ、作品中の名言、管理人の感想などを書いていくブログです。

MENU

【未来技術】『殺意の惑星』ハリー・ハリスン【ヒューゴー賞 1962年】

ハリー・ハリスンの1962ヒューゴー賞受賞作『殺意の惑星』に登場する、未来技術です。

 

 

 

エンパシー能力

他人の精神に入り込める能力。思考の透視というより、情動・気分・態度を感じ取る能力。投射エンパシー(こちらの感情を相手に伝える)と受容エンパシーがある。

 

 

ランゲージ・ボックス

自動催眠で睡眠学習を行う装置。惑星ディスへの航行中、主人公がディス語の文法と単語のマスターに使用。

 

跳躍空間ミサイル発射装置

 

ワープミサイル。惑星間戦争に使用される兵器。

 

網膜認証

 

網膜パターンを登録すると、登録した網膜パターンに網膜紋番号が割り振られ、以後網膜認証に使用できるようになる。

 

舷窓の不透明化

 

透明にしたり不透明にしたりできる窓。

 

ヴィード

 

惑星ディスに生息する、植物みたいな生き物。光合成から水を体内に蓄えることができる。旅行用の携帯水筒としてディス人に使用されている。 花びらみたいな口に吸い付くと水を提供してくれるが、代償として小さな針を何本も突き出して血を吸って来る。

 

プラスチックシート

 

レコードとスピーカーと電源が一体になったような記録媒体。 ボタンを押すと、押し続けている間電流が発生し、シートがスピーカーのように振動して音を再生する。

 

消去波放射機

 

振動のカーテンを放出する装置。このカーテンは全ての光線を吸収し、カーテンの裏にあるものを遮蔽する。軍の作戦行動で使用される。

 

記憶消去剤

 

過去十数時間〜十二時間くらいの記憶をひっぺがしてくれる薬。

 

↓押してください。
 
にほんブログ村 本ブログへ

それではまた…。