【SSF】S級SF作品を探して

ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞受賞作品の詳細なあらすじ、作品中の名言、管理人の感想などを書いていくブログです。

MENU

【あらすじ】『中継ステーション』クリフォード・D・シマック【ヒューゴー賞 1964年】

クリフォード・D・シマックの1964ヒューゴー賞受賞作『中継ステーション』のあらすじです。

 

!!ネタバレにご注意ください!!

 

 

推定年齢百数十歳。謎の男イーノック

主人公イーノックは、若かりし頃南北戦争に従軍したこともある、1840年生まれの、19世紀の男だ。現代では百数十歳になるはずだが、外見は20代の終わりくらいにしか見えない。

彼は両親が建てた家に今も静かに暮らしている。ウィスコンシン週の広大な山間部と丘陵地帯には数少ない人々が点在して暮らしているだけで、イーノックに干渉したり詮索するものはいない。

もっとも近くに住んでいる世帯は、卑しい山師のハンク一家だが、その家もイーノックの暮らす丘からかなり歩いて、深い谷の斜面を河まではるばると降りて行かなければならないほど、離れている。

 

イーノックを監視する、CIAのルイス

数年前からイーノックに気づき、監視を続けている者がいる。ルイスである。彼は薬用人参のハンターを装っているが、実態はCIAである。

 

冷戦と核戦争の脅威

ウィスコンシンの広大な山間部で人々は静かな暮らしを営んでいるが、現代の世界では東西の陣営の対立が先鋭化しており、核戦争勃発の危機が目前にまで迫っている。両陣営首脳たちによる平和会談が近く予定されているが、おそらく会談は決裂し、平和ではなく戦争の引き金を引くきっかけとなるだろう。

 

実は銀河系宇宙の中継ステーションの管理人

イーノックの家の中は、銀河系宇宙の中継ステーションに改造されている。イーノックは銀河本部の職員である宇宙人ユリシーズに見出され、中継ステーションの管理人を任されているのだ。

 

中継ステーションの仕組み

銀河系内の優れた文明を持つ星人たちは、銀河同盟を形成している。銀河系内の星々の間の移動には星間移動システムが使用される。この星間移動システムの推進力は、一瞬だけに注目すれば銀河系の端から端まで瞬間移動できるほどなのだが、宇宙空間の塵やガスの濃度その他の要因で、この推進力は衰えてしまう。宇宙空間にはそのような星域が数多くあるため、これらを迂回して銀河系内を結ぶために、数千もの中継ステーションが設置されているのである。

 

スパイラルアームに位置する地球

イーノックが管理するステーションもその一つであるが、銀河系の外縁・辺境の「スパイラルアーム」と呼ばれる部分に位置する地球に設置されているという点で非常に異色である。野蛮で銀河同盟に所属できる文明レベルに未だ達していない地球にステーションを設置するのは、銀河本部の中でも星人間でかなりの議論になったのであった。

 

中継ステーションの不思議

ステーションは宇宙人の技術者たちによって建設されたため、不思議な力を帯びている。外部から決して破壊することは不可能である。例えばドアを斧で叩き破ろうとしても、全く目に見えない特殊なコーティングが施されているかのようにスルスルと滑ってしまい、かすることさえできない。また内部では地球時間が流れておらず、ステーション内部にいる限りイーノックは歳をとることが無い。ただし外で森を散歩したり郵便物を郵便屋ウィンズロウから受け取ったりするために外に出ると、出ている時間だけは歳をとる。

 

郵便屋ウィンズロウ

イーノックと交わることのある人間は、二人しかいない。一人は郵便屋ウィンズロウだ。彼は定期購読している新聞や雑誌だけでなく、イーノックから頼まれた食料品などまで町で買って届けてくれる、親切な男である。ウィンズロウはイーノックに友情を感じているため、イーノックが全く歳を取らないことについても一切干渉してこない。

 

聾唖の女性ルーシー

もう一人の人間は、若く美しいが聾唖の娘ルーシーである。彼女は山師ハンクの娘であるが、妖精のようである。町の養護学校への進学や手話の学習等を全て拒否し、森の中を妖精のように自由に歩き回って毎日を過ごしている。不思議な力を持ち、イーノックの目撃したところでは、泉の辺りで美しい蝶の折れた羽根を癒して再び飛び立てるようにしてやったことがあるようだ。

 

ルーシーを匿うイーノック

ルーシーは、捕らえたアライグマを虐待するハンクと弟からアライグマを逃がそうとして、ハンクと弟を身動きできない状態にする。「親に呪いをかけた」と激怒するハンクに鞭で打たれ、背中から血を流しながら逃げてきたルーシーを、イーノックはステーションに匿ってしまう。 ルーシーを探して追ってきたハンクをイーノックは追い払うが、このことでハンクはイーノックに憎しみを抱き、復讐の機会を求めるようになる。

墓を暴いてしまう、CIAのルイス

イーノックの監視と身辺調査を行うCIAのルイスは、ある日イーノックの両親が葬られている墓地に、両親の墓と並んで第三の墓があることに気づく。墓石に刻まれた、未知の言語の墓碑(実はヴェガ星の言語)。墓を掘り返し謎の遺体(実はヴェガ星人)を見つけ、ルイスはこれをワシントンに送ってしまう。このことが地球の命運を分ける行為になる。

 

閉鎖を余儀なくされる、地球の中継ステーション

イーノックは、ステーションの管理人をしながら、銀河の旅人たちとできる限り交流し、その文明や技術を学ぼうと努めてきた。

しかしヴェガ星人の墓が掘り出され遺体が持ち出されたことが銀河本部で大問題となり、地球のステーションは閉鎖を余儀なくされる。

 

タリスマン

宇宙は、神秘的な全知全能の知恵が存在することがわかっている。この知恵と交感するために、ある神秘家が開発したものがタリスマンである。タリスマンは、ふさわしい感応者が使用すると、この知恵と交感し、偉大なる平和・調和をタリスマンの周囲にも分け与えることができる。一万年前タリスマンを開発した神秘家がなんの情報も残さなかったため、タリスマンは銀河系に一個しかない。 このタリスマンが数年前から盗み出されて行方不明になっている。ヴェガ星人の遺体の件が大問題化してしまったのも、タリスマンが不在なことと無関係ではなさそうだ。

 

ヴェガ星人の遺体返却と、ハンクの襲撃と、タリスマンを盗んだ犯人の逃走と

ある夜、全ての出来事が同時に起きる。 ルイスは遺体の返却に同意し、ある日の夜イーノックの自宅まで返却に来ようとする。

その夜ハンクは、町の居酒屋でならず者たちにイーノックは悪魔で娘をさらったと言いふらし、ならずものたちの一団を率いてイーノックの自宅の襲撃に向かう。

更にその夜、タリスマンを盗み逃走中の宇宙人が、転送装置を緊急使用して地球に逃走してきた。

 

犯人から取り戻されたタリスマン

イーノックに追い詰められ崖っぷちに追い詰めれれる宇宙人。イーノックのライフルと宇宙人の光線銃。宇宙人に飛びかかり揉みあうルーシー。イーノックはライフルで宇宙人を倒す(射撃場での長年の成果)。

 

明らかになるルーシーの能力

ルーシーがタリスマンを手にすると、タリスマンはとんでもない光を放ち始めるのだった。ルーシーは銀河系で数千億人に一人しかいないとされる、感応者であったのだ。しかもここ数百年現れたことのない、とてつもないレベルの感応者であったのだ。

イーノックの家を襲撃しようと集まってきたならずもの集団は、ルーシーが高々とかざしたタリスマンの光に照らされると、毒を抜かれたようになって立ち去っていく。

 

旅立つルーシー。戻るイーノック

イーノックはルイスに、ルーシーを平和会談の使節の一員に加えるよう、手配を依頼する。平和会談は成功し、ルーシーはタリスマン媒介者として、ユリシーズに伴われて銀河本部へと旅立つ。イーノックは普段の、中継ステーション管理人の仕事に戻る。

 

↓押してください。
 
にほんブログ村 本ブログへ

それではまた…。