【SSF】S級SF作品を探して

ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞受賞作品の詳細なあらすじ、作品中の名言、管理人の感想などを書いていくブログです。

MENU

【あらすじ】『魔法の世界 エスカトープ』アンドレ・ノートン【ヒューゴー賞 1964年】

アンドレノートンの1964ヒューゴー賞受賞作『魔法の世界 エスカトープ』のあらすじです。

 

!!ネタバレにご注意ください!!

 

 

地球人サイモン

主人公サイモンは元軍人である。除隊後はやばいシノギに手を出しすぎたため、裏世界を敵に回してしまい、殺し屋たちを送り込まれて常に命を狙われるハメになってしまっていた。刺客のうち2名はすでに返り討ちにしてやったが、最後の1名は厄介な敵だ。

 

不思議な石シージュ・ペリラス

主人公サイモンがそんな毎日に疲れと嫌気を感じなら、逗留先のベルリンのバーで酒を煽っていたそんなある日、医師を名乗る男ペトロニウスに声をかけられ、不思議な話に勧誘される。アーサー王伝説に登場する不思議な石シージュ・ペリラスは実在するというのだ。この石はアーサー王がその力を発見した石で、この石を試みた騎士6名は異世界へと消えていったという(そのうち2名はのちに帰還して、その石の秘密について語ることになる)。

 

シージュ・ペリラスの力で異世界

医師ペトロニウスは連綿と続くシージュ・ペリラス管理者の、当代の管理者なのだという。サイモンは刺客の罠ではないかと思いつつも、半ばどうにでもなれという気持ちで、ペトロニウスについて行く。そしてシージュ・ペリラスは、ペトロニウスに案内された古い屋敷の庭園に実在した!

シージュ・ペリラスは、3つの灰色の石で形作られた、サイモンがくぐり抜けられるほどの高さのアーチと、その前に置かれたもう一つの石で構成されていた。ペトロニウスの指示でサイモンがアーチの前の石に座ると、石のアーチの中で渦巻きと溶解が起き、やがてアーチの向こう側に荒野の光景が広がって、そこから爽やかな香りの風が吹いてきた。サイモンは魅せられたようにアーチをくぐり、異世界の荒野に旅立って行く。

 

ハンターに追われる魔女

荒野に道を見つけたサイモンはあてもなく歩き続けるが、やがて一人の女逃亡者が狩猟犬とハンターに追われ、追い詰められて窮地に立たされているのを目撃する。サイモンは現代世界から携行していた拳銃で、敵たちと戦い、女を助け出すことに成功する。

 

衛兵司令官コリス

女はエスカトープの有力な魔女であった。追っ手から逃げる魔女とサイモンの二人は、やがて救出のため魔女を迎えに進軍してきた衛兵司令官コリスと遭遇し、エスカトープまで護送される。エスカトープは、西洋の中世のような文明レベルの世界であった。

 

冷酷民族コールダーとの戦い

そのエスカトープは今、戦いの中にあった。エスカトープの西は湾に面しているが、この湾と外洋の間にある重要拠点ゴーム島は、謎の冷酷民族コールダーに占領されてしまっており、やがてコールダーが海を渡りエスカトープに侵略してくるのは時間の問題となっていた。なおコリスはもともとゴーム島の支配者の一族の一人であったが、コールダーの侵略からのただ一人の生き残りである。

エスカトープでサイモンは、エスカトープの衛兵として、魔女たちや衛兵司令官コリスと共に、コールダーと戦うことを決意する。

 

コールダーのゾンビ?兵

エスカトープ軍はやがて、本土へのコールダーの侵攻を受け、ゴームと開戦し大敗を喫することになる。コールダーの戦いは実に異様である。まずコールダー兵は皆奴隷兵であり、そこにはエスカトープ人も大勢含まれている。しかし彼らには感情も思考もない。組織も戦略戦術もなく、ただ死を恐れず猪突猛進に特攻を行ってくるだけで、まるでゾンビ兵である。またコールダーが索敵に用いているらしい鷹は、捕獲に成功してみると その内部は機械仕掛けになっていて、金属部品や電気配線で作られているのであった。また彼らは、奇襲攻撃に使用されたため正体がわからないが、飛行機か何かの飛行手段を持っているのであった。明らかに文明レベルが何世紀もエスカトープの先を行っている。彼は外洋の彼方からやってきたと言われているが、そこには高度な文明があるのだろうか?

 

カーステンからの脱出

このようなコールダーと戦い大敗したサイモンたちは、かろうじて脱出に成功し、南の隣国カーステンに潜伏し、反撃のチャンスを待つ。しかしこのチャンスに乗じてカーステンは、エスカトープからの潜伏者の殲滅を開始する。カーステンからの脱出行のとき初めてサイモンは自分が救出した魔女の魔力の力の一旦を知ることになる。魔女の魔力で全く姿を変えた一行は、無事にカーステンからの脱出に成功する。

 

ピンチ!ゾンビ兵にされかかるサイモン

反撃の狼煙をあげたエスカトープ軍であるが、サイモンはコールダーの奴隷狩りに捕獲されてしまい、ゴーム島に連行されてしまう。ゴーム島でサイモンが目を覚ました場所は、現代の病院のような施設の手術室の中であった。ずらりと並んだベッドには、さらわれた男たちが大勢横たえられ、薬で眠らされていた。ただ一人目覚めて忙しく働いている様子の男はコールダーの手先で、さらわれた男たちに洗脳手術を施し、奴隷兵化を行っているのであった。

 

ゴーム島からの脱出

サイモンはなぜか目を覚ましてどうにか体の自由を取り戻せたのであるが、これは彼が他の者たちと違って異世界から来た人間であることと関係がありそうだ。サイモンは男を不意打ちで倒し、手術室から逃走する。逃走する途中でサイモンは司令室のような部屋に迷い込む。そこには大きな地図が貼られていて、その前には機械が並び、1グループの人間たちが働いていたが、意思を持って自立している本当のコールダー人は、縁無し帽をかぶった、顔の平べったい男ただ一人であるらしかった。この男が奴隷兵たちを操っているらしかった。サイモンはこの男の顔をはっきりと脳裏に刻みつけて、この司令室から、そして基地から、そしてゴーム島から脱出して、エスカトープに生還する。サイモンはコールダーが異世界から来ている者たちであることを確信する。

 

魔女の遠隔精神攻撃

エスカトープに生還したサイモンは魔女たちのグループに協力する。サイモンは今やコールダーの司令官を見知っており、その顔をはっきり思い浮かべることができるため、魔女たちの遠隔精神攻撃を媒介することができるのである。円卓に着席した魔女たちとサイモンは、円卓にコールダーの司令官を模した人形を置き、手を取り合って魔力による遠隔精神攻撃を行い、勝利する。

 

ゴーム島奪還

コールダーの司令官を無力化することに成功したサイモンたちは、ゴーム島の要塞に総攻撃をかける。魔力による遠隔攻撃で精神面を破壊されたコールダーの司令官を、身体的にも破壊すると、奴隷兵たちは皆、洗脳を解除されて安らかに死の眠りにつくのであった。

 

コールダーとの戦いは続く

しかしこれで戦いが終わったわけではなかった。ゴーム島で奴隷兵を操っていた司令官を倒したとはいえ、コールダーがやってくる異世界へのトンネルは活動しており、その果てには他のコールダーたちがいる。このトンネルを追ってコールダーたちを殲滅しない限り、世界に平和は訪れないであろう。サイモンはコールダーとの戦いに旅立つ。いつしか愛し合うようになった、あの魔女を伴って…。

 

↓押してください。
 
にほんブログ村 本ブログへ

それではまた…。